男性の勃起現象は、動物的で性的なイメージを持つ方も多いと思いますが、勃起するまでのメカニズムはとても複雑になっています。
勃起に至るまでには、性的刺激を受けることで脳が動脈・静脈、神経に指示を出して活発に活動させます。
これによって、勃起するために必要な物質が分泌されることによって起こります。
ところが、年齢を重ねるごとに勃起のメカニズムのいずれかに問題が生じる場合があり、その状態が続くことでEDを引き起こす可能性があります。

EDと診断された場合、男性としての自信を失うことも多いです。
現段階では根本を完治させる療法は見つかっていませんが、そのまま何も対処をしないとどんどんと自信を失うことになります。
早めに対処することによってEDを改善させることは十分に可能なため、できることから改善していくことが大切です。

EDには治療薬を使うことで改善でき、その中でもバイアグラジェネリックであるカマグラを服用すると性行為を失敗しないですみます。
カマグラはジェネリックということもあり安価に購入できるため気軽に使うことができます。
ED治療薬には他にもシアリスやレビトラなどの種類があるので、ご自身にあった薬を選ぶ試してみるといいでしょう。
カマグラやレビトラ、シアリスを購入するなら通販を利用すると便利です。

いつまでも男性として自信を持っていられるように、少しでも勃起機能に違和感を感じたら放置せず、ED改善に努めましょう。
ここでは、ED改善に必要なことを学び、効果的な食生活、自信につながる効果的な運動などを試して、男性としての自信を取り戻しましょう

血流を改善することがED改善の第一歩?

落ち込んでいる男性機能が正常な男性は、性的刺激を受けることで陰茎が勃起してきます。
しかし、EDになると性的興奮を感じているにも関わらず十分に勃起しなかったり、性交渉中に中折れしてしまうといった現象が起こります。
1度や2度なら気にしないですが、この状態が続くとどんどんと自信を失ってしまいます。

EDの定義としては、十分な勃起が得られない・勃起状態が維持できないため性交渉が満足に行えない、満足のいく勃起が得られない状態が3ヶ月以上継続していること(手術や外傷などの要因を除く)とされています。
この定義に当てはまる場合にはEDである可能性が高いです。

勃起の正常なステップ

勃起が起こるために以下の3つのステップが正常に働くことが大切です。

  1. 脳が性的刺激を受ける
  2. 脳から性的興奮が神経を通って陰茎に伝わる
  3. 陰茎の血管が拡張され性器海綿体に血液が多く流れる

脳が性的刺激を受けることで、神経を通じて陰茎へと性的興奮が伝わります。
すると、陰茎内の血管内皮細胞から一酸化窒素が分泌されます。
これが陰茎内の血管を広げる役目を果たし、大量の血液を海綿体へと送り込んでいきます。

この3つのステップが1つでも正常に働かないと、自信の湧くような勃起が起こらず、中折れなどのED状態になってしまいます。
また、陰茎内の神経や血管に何らかの損傷がある場合には、全く勃起しない可能性もあります。

血流の改善が大切

EDを改善させて自信を取り戻すためには、まずは血流を改善させることが大切で、特にED発症率が高まる中高年世代は、血管が詰まる動脈硬化や、神経の障害などが起こりやすい年齢でもあります。
近年では、食の欧米化によって動脈硬化を発症する年齢も下がっています。
そのため、30代からでも生活習慣によっては十分にEDを発症する可能性があります。
若年世代で勃起できないと、更に男性としての自信を失うことにもなり兼ねません。

動脈硬化による血流悪化

動脈硬化が起こると、動脈内にコレステロールが蓄積することで血流を悪化させます
蓄積したコレステロールの塊が破れることで血栓ができ、動脈を完全にふさいでしまうため血流をストップさせてしまいます。
血流が悪くなるということは体全体に新鮮な血液が巡らないことになり、陰茎海綿体にも十分な血液が回らないことになります。

動脈硬化が与える血管以外の悪影響

動脈硬化は、血管だけでなく神経にも影響を与えます。
勃起するためには、脳からの性的興奮を陰茎へと伝えることが重要であり、その伝達役が神経です。
特に糖尿病を発症すると、合併症として神経症を患うことがあり、神経に悪影響を与えます

生活習慣に気を付けて

高血圧動脈硬化糖尿病といった生活習慣病は、血管に大きな負担をかけています。
しかし、実際に血流が悪くなっていても、それによって病気を発症しないと気付かない場合がほとんどです。
動脈硬化の場合、病気を発症した後では取り返しのつかない状態にまで進行してしまっている場合があり、これではEDを改善することはできなくなってしまいます。

高血圧の方は、医師に血圧を下げる降圧剤を処方されることがあります。
この降圧剤を服用することでもEDになる可能性があります。
降圧剤の影響によってEDが起こるのです。
これは年齢には関係ないため、若年で高血圧になり降圧剤を服用すれば誰でもEDになる可能性があります。

血流改善のためにできること

EDを改善させるためには、サラサラな血液にして血流を良くすることが大切であり、そのためには栄養バランスの取れた食事を心掛けるようにします。
それと一緒に、血流低下を招く喫煙飲酒睡眠不足ストレスなども避けることも大切です。
いくらバランス良い食事を摂っていても、体に害を及ぼすタバコや過剰なアルコール摂取を続けていては血流は改善されません。

動脈が重要

動脈は新鮮な血液を体全体に送ります。
血液の中には酸素や栄養分が多く含まれており、これらが体全体に巡ることで細胞が活性化され、正常な働きをしてくれます。
しかし、血管内に血栓ができているとその新鮮な血液が陰茎海綿体まで到達できないため、EDを改善することが難しくなってしまいます。
少しでもEDを疑うような場合には、血流改善に努めてみましょう。

食生活と適度な運動で勃起パワーを養う

ジョギングED改善の第一歩である血流の改善には、食生活を見直すこと、効果的な運動を取り入れることが大切です。
栄養を気にしない食生活をしている人は、バランスの良い食生活へと変えることです。
食事で足りない栄養素を補うため、勃起はサプリで補助するというのも一つの手段でしょう。
また、運動不足だと新陳代謝を低下させ血流を悪くさせるため、適度な運動を取り入れることが大切です。

食生活においては、栄養バランスの良い食生活を心掛けることが大切であり、栄養バランスを気にしないで脂肪分や糖分の多い食生活を送ることは避けましょう。
また、積極的に魚や野菜を摂取する食生活に変えることも大切です。
食生活の改善では、血液サラサラ成分を多く含む食材を使い、気にしないことが多い塩分にも気を遣い、健康的な食生活を送るようにします。

血流を良くする血液サラサラ成分

  • DHA
  • EPA
  • ナットウキナーゼ
  • ポリフェノール
  • 硫黄化合物(アリシン)
  • クエン酸や酢酸
  • 食物繊維

これらを多く含む食生活を心掛けるようにしましょう。

DHA

必須脂肪酸の1つで、赤血球や細胞膜、細胞壁を柔らかくする働きがあり、血流を良くして動脈硬化を防ぎます。
また、血中の余分なコレステロールを処理するので、血中コレステロール値の上昇を抑えます。
コレステロール値を抑えることで中性脂肪も防ぐことができます。
特にイワシ・アジ・サバなどの青魚に多く含まれています。
青魚は積極的に食生活に取り入れましょう。

EPA

こちらも必須脂肪酸の1つで、血液を固まりにくくする血小板凝集抑制作用があります。
これにより、コレステロールが蓄積されてできる血栓を防いで血流を改善します。
DHAは血管や赤血球の細胞膜を柔らかくして血流を改善させるのに対し、EPAは血小板凝集抑制作用で血栓を防いで血流を改善するため、血液のサラサラ効果はDHAよりも高いです。
EPAも青魚に多く含まれています。
DHAもEPAも魚油ですが、この油は不飽和脂肪酸で体内で固まることのない油なので、摂取量を気にしないで進んで摂るようにしましょう。

ナットウキナーゼ

納豆のネバネバ成分で、血管に溜まった血栓を溶かす働きがあります。

ポリフェノール

抗酸化作用があるポリフェノールは、活性酸素を除去して血液をきれいにします。
主に赤ワインやチョコレート、黒豆などに含まれます。

硫黄化合物(アリシン)

タマネギやニンニクなどに含まれる硫黄化合物(アリシン)は辛味成分であり、血小板の凝集作用を抑える働きがあります。
海藻類や根菜類に多く含まれる食物繊維は、血中のコレステロールを吸収して血流を改善させる働きがあります。

クエン酸や酢酸

クエン酸は主に果実などの酸味に含まれる成分です。
体の筋肉の壊れた細胞を修復する働きがあります。
酢や果実を発酵させたものに含まれる酢酸には赤血球を柔らかくする効果があり、血流改善が期待できます。

食物繊維

腸内環境を整え栄養の消化吸収を効率よくしてくれます。
納豆には多く含まれているのでナットウキナーゼとのダブル効果が期待できます。

その他の栄養素で勃起力増強

血流改善効果のある食材を食生活に取り入れ、更にタンパク質やビタミン、ミネラルを多く含む食材(レバー・牡蠣・オクラ・山芋など)も食生活に取り入れて、栄養をバランス良く補うようにしましょう。
食生活を改善させることで、勃起パワーを蓄えることができます。

運動も効果的

血流改善につながる食生活と一緒に行いたいのが、自信につながる効果的な運動です。
運動不足になると新陳代謝が低下してしまい、血流が悪くなって血行不良になってしまいます。
また、運動をしないと筋肉も衰えてしまうため、勃起力も低下してしまいます。
自信を付けるためには、新鮮な血液が多く必要であり、運動を取り入れて新陳代謝を高めて血流を良くさせることが大切です。

下半身強化の運動

食生活改善と共に行いたい自信の付く勃起力運動は下半身の筋力運動です。
下半身を鍛える運動にはジョギングやウォーキングなどの有酸素運動が効果的ですが、より下半身を集中的にトレーニングできるスクワット運動がおすすめです。
スクワット運動は大腿部の筋肉を鍛える運動ですが、同時に骨盤底筋群(骨盤の底にある細かな筋肉の集まり)も鍛えられ下半身に自信が付く効果的な運動です。

骨盤底筋群は肛門の周囲にある筋肉の総称で、陰茎海綿体へと流れ込んだ大量の血液を、逆流させることなく溜めこむことができます。
十分に血液が送られることでEDが改善され、自信にもつながります。

自信につながる効果的なスクワット運動の運動方法は下記の手順です。

  1. 足を肩幅に開く
  2. 両手は首の後ろで組む
  3. 背筋をまっすぐに保ち膝を曲げてお尻を下げる
  4. 床と太ももが平行になったら止まり、膝を伸ばす
  5. 脚を真っすぐに伸ばして立ち上がる

スクワットはテレビを見ながらでも出来る運動なので、毎日続け自信につなげましょう

EDは悩み過ぎず開き直って地道に治す!

EDは男性にとって自信を失う現象であり、精神的にも大きな影響を与えます。
そのため、なかなか気にしないでいるということが難しいです。
性交渉中に、性的興奮を感じても勃起しなかったり、勃起しても中折れしてしまうと男性としての自信も大きく失うことになり、気にしないことが難しくなります。

EDについてポジティブに考える男性このような状態になると、好きな人ができてもEDが頭をよぎり、性交渉が怖くなってしまいます。
たとえパートナーが「気にしないでいい」と言ってくれたとしても、男性としては気にしないでいることは難しいでしょう。
このような状況にならないためにも、日頃から栄養を気にしない食生活を見直して、地道に血流を正常に保つことが重要です。

悩み過ぎはストレスの素

EDのことで悩みすぎると、ストレスになり血流が悪くなるため余計に勃起できなくなってしまい、更に自信を喪失してしまいます。
そのため、なるべくEDのことは気にしないように心掛けることが大切です。
ストレスがだんだん溜まっていくと、常にEDのことを気にしないでいられなくなり、うつ病などの精神障害も引き起こす可能性もあります。
あまり気にしないでポジティブに考えることもED改善には必要なことです。

気にしないように開き直ることで、EDとの向き合い方も変わってきます。
それまでは、自信を完全に失ってしまったため何もやる気がしなかったけれど、EDのことを気にしないで普段通りの生活を心掛けたことで、今までの重い気持ちがすっと軽くなったという人も多くいます。
気にしないかするかで、体への影響も大きく変わってきます。

医師に相談してみよう

EDを改善させる方法として医師の診断を受ける方法もあります。
医師に相談することで、早く対処できるためEDを気にしない時間が増えますが、一度の診断でEDが治るわけではありません
その時には、一時的に効果を発揮するため自信を取り戻し、EDを気にしないでいられるかもしれませんが、効果は継続するわけではありません。

デメリットは経済的負担

毎回医師の診断を受けていると、経済的にも大きな負担が掛かることになります。
多額の費用をかけたのに改善されないと、自信を失うことになりEDを気にしない日が無いほどの精神状態になる可能性もあります。
そのため、まずは自信を取り戻してEDを気にしない状況を作ることが大切であり、体内の根本を改善する食生活の見直しや、効果的な運動によるED改善に努めるようにしましょう。

過度の期待はしないこと

医師の診断に頼ることももちろん大切なことですが、頼りすぎてしまうことは返って逆効果となり、期待した分、結果が得られないと大きな自信喪失につながってしまいます。
なるべくEDのことは気にしないようにして、血流を良くするための食生活改善や、自信を取り戻すためのストレッチ運動を地道に行っていきましょう。

食事と運動を地道に改善

最も理想的なED改善方法は、EDのことをなるべく気にしない生活を心掛け、同時にバランスの良い食生活と勃起に効果的な運動を地道に行っていくことです。
年齢を重ねてくると若いときにはすぐに改善できたことも、徐々に時間が掛かるようになってきます。
そのため、なるべくEDのことは気にしないで、地道に続けていくことが効果的です。

EDを気にしないで地道に食生活改善や筋力運動をしていくためには、料理を工夫したり、環境を変えたりと変化を付けると継続して行えます。
例えば、血流改善効果のある食生活を続けるために、「おさかなすきやね」という言葉を覚えておきましょう。

「おさかなすきやね」

おさかなすきやね」とは、順番に「お茶・魚・海藻・納豆・酢・きのこ・野菜・ネギ」の頭文字をつなげたもので、血流を改善する食材を示しています。
これを覚えておくと、バランスの良い食生活を効果的に続けられます。
また、外食をした場合には、お肉を食べたら海藻サラダや根菜類を摂るようにし、飲み物も緑茶などに変えるようにしましょう。
外食をしても、バランス良く食べれば食生活は乱れることはありません。
食べ過ぎたと思ったら、筋肉運動と共に有酸素運動も加えると良いでしょう。
栄養を気にしない食生活は、体内の血流を低下させるため陰茎にも新鮮な血液が流れなくなります。

勃起のメカニズムを知ることでED改善の糸口を見つけましょう!勃起は血流作用によるものです。食事を適切にし、運動を適度に行うことで血流を改善することができます。血流の改善こそがED改善の近道なのです!地道な努力で勃起力を取り戻しましょう。