レビトラとシアリスならどっちが効果的?

EDの薬として国内で正式に認可されているものに、レビトラとシアリスがあります。
この二つの薬はそれぞれEDに対して一定の効果がありますが、その効果は薬によって若干異なっています。

この二つの薬の効き目で、大きな違いがあるのは服用した後に、効き目が現れるまでの時間です。
バイエル薬品株式会社が販売しているレビトラは服用した後の効き目が、比較的早いのが特徴です。
飲んだ後にできるだけ早く薬の効果が現れてほしいと考えている人に向いている薬です。

その一方で、日本新薬株式会社から販売されているシアリスは、服用した後に効き目が現れる時間が、レビトラより長くなるのが特徴です。
ですがその分、レビトラの方がより長い時間、薬の効果が持続しやすいのが特徴です。
そのために、薬の効果をできるだけ長い時間持続させたいと考えている人にはシアリスの方が向いています。

この二つの薬は効果が現れるまでの時間が異なるために、服用するタイミングも異なっています。
レビトラの場合には、効果が現れて欲しい時間の一時間前ごろに薬の服用をすれば、一時間後ごろに薬の効果が現れます。
シアリスの場合には薬の効き目が現れるまでに時間がかかりやすいので、その分飲むタイミングもレビトラより早く飲む必要があります。
薬の効果が必要になる時間の、3時間前には服用する必要があります。

レビトラの効き目が持続する期間は、長くてもおよそ5時間ぐらいが限界になります。
その一方でシアリスは服用してから、少なくとも24時間以上は効果が持続するのが特徴です。
人によっては薬の効果が30時間以上続く場合もあります。

そのために薬の効果が短時間で必要であり、なおかつ薬の効果が短時間しか必要がない場合には、レビトラが最適の薬です。
その反対に、薬の効果が現れるのが遅くても良いので、できるだけ長い時間、薬の効き目を持続させたいと考えている人には、シアリスがEDの薬としては最適です。

薬が体に合わない時は諦めず他の薬を試す

EDの薬としてレビトラとシアリスは、日本でも多く服用されていますが、服用すれば誰でも期待どおりの効き目が出るとは限りません。
人間の体には個人差があるために、効き目も人によって大きく異なる場合があります。

またレビトラとシアリスは服用によって、人によっては副作用が現れる場合もあります。
レビトラの副作用として知られているのは、顔が赤くなって熱を帯びることです。
これはレビトラに血管を拡張する効果があることに由来をしています。
この副作用はレビトラを服用した人に、かなり高い確率で現れるのが特徴です。
それ以外の副作用としては目が充血する場合があります。
頭に痛みを感じる場合も、人によってはあります。

その一方でシアリスを服用した場合にも、固有の副作用が現れる場合が、人によってはあります。
体に熱が生じやすくなるのも、シアリスの副作用の一つです。
頭に痛みが発生する場合があるのも、シアリスも同様です。
副作用が出る可能性は、シアリスの方が低くなっています。

こうした副作用が現れた場合で、体に過剰な負担を感じた場合、一番良い対処方法は無理をして飲み続けないということです。
体に合わないEDの薬を服用し続けるよりは、他の薬を試してみることが体にとって最善の方法です。

EDの薬としては販売されているのはレビトラやシアリスだけでなく、さまざまなジェネリック医薬品もあります。
ジェネリックはオリジナルのものと比較して、価格が安いものが多いのが特徴です。
そのためにオリジナルのものより、ジェネリックを好んで服用する人も多くいます。
ジェネリックは価格が安い反面、効き目はオリジナルの薬と同じものがあります。
そのためEDの薬として特許が切れた正式のジェネリックを使用する方法も一つの選択肢です。

勃起のメカニズムを知ることでED改善の糸口を見つけましょう!勃起は血流作用によるものです。食事を適切にし、運動を適度に行うことで血流を改善することができます。血流の改善こそがED改善の近道なのです!地道な努力で勃起力を取り戻しましょう。