勃起不全じゃない!早漏との違いとは

セックスは男女間における大切なコミュニケーションの1つです。
お互い恥じらいがありながらも肌を重ねる事によって相手の愛情を感じることができます。
しかし、それ故に避けては通れないのが体の悩みです。
男性側には男性側の、女性側には女性側の体の悩みがそれぞれありますが、どちらかと言えば男性の悩みの方が深刻であることが多い傾向にあります。

男性は本能的にプライドが高い生き物です。
そのためセックスの際には女性をリードしてあげたい、満足させてあげたいという欲求が生まれます。
しかし体の悩みによって相手の女性にガッカリされないかという不安も抱いているのです。
体の悩みとして多いのは勃起不全でいわゆるEDと呼ばれるものと、早漏の2つです。
この2つは大きな違いがあります。

一般的によく耳にするEDというのは、男性器がなかなか勃起しない、または勃起した状態を維持することができないという勃起不全のことを言います。
これによってなかなか挿入まで至らなかったり、なかなか勃起しない様子を見て女性が不安を抱いてしまう恐れがあります。

それに対して早漏というのは、挿入してから射精までの時間が短いことを言います。
勃起はするものの、射精するまでの状態を自分でコントロールすることができないため、女性が満足感を得られるまでに射精に至ってしまうというものです。

EDは勃起不全と言われる通り勃起そのものに難がある状態のことを言い、早漏は勃起不全とは違い挿入時間が短いという状態を言うという違いがあります。
どちらも男性にとっては深刻な悩みです。
これらのことが不安要素となり、なかなかセックスを楽しむことができなかったりしてセックスレスに繋がってしまうことも珍しくはありません。

しかし女性は意外とこれらのことを気にしない人が多いというのが現状です。
そこにはセックスの際の感じ方や考え方が男女で違うからです。
固定観念にとらわれず、相手の女性の気持ちを理解することが大切です。

男性には嬉しい情報?女性は早漏をあまり気にしない

男性の中で大きな悩みの1つである早漏ですが、実はこの早漏を気にしないという女性の方が多い傾向にあります。
男性にとっては挿入時間が短いと感じていることから悩みの1つとなっているのですが、その長さというのは女性からすればそれほど短くはないのです。
男性はAVのように長いセックスを楽しみたい、また女性もそう思っているという固定観念があるのですが、実際パートナーからすればそれほど長さは気にしないという人の方が多いのです。

しかしEDと呼ばれる勃起不全に関しては女性も気にしないとは言い難いのが現状です。
EDは早漏とは違い勃起の維持が難しい状態のことを言うので、きちんと勃起していないと挿入することもできません。
それではお互いにセックスを楽しむことができなくなってしまいます。
また男性が勃起をした状態を見て、女性は「興奮してくれているのだ」と安心感を得ます。
それにも関わらずEDによって勃起していない男性器を見ると、女性は不安を抱くようになります。

男性にとって大きな悩みであるEDと早漏ですが、女性の捉え方によってこのような違いが生まれます。
実際は気にしないという人が多いというのを知って、男性は安心してセックスに集中することができます。

男性の体の悩みというのは健康面だけではなく精神面も大きく影響します。
相手をガッカリさせたくないという不安が大きなストレスとなり、より体の悩みに繋がりやすくなってしまいます。
まずはその不安を取り除くことが大切です。
相手がどのようなセックスを好み、自分がどのようなことに悩んでいるのか素直に打ち明けることによって、純粋にセックスを楽しむことができます。

挿入だけがセックスではありません。
キスをしたり愛撫をしたり、合間に会話を楽しんだりということでカバーすることも大切です。

勃起のメカニズムを知ることでED改善の糸口を見つけましょう!勃起は血流作用によるものです。食事を適切にし、運動を適度に行うことで血流を改善することができます。血流の改善こそがED改善の近道なのです!地道な努力で勃起力を取り戻しましょう。