男性はED、女性の性の悩みとは

男性の性の悩みはクローズアップされるのに、女性の性の悩みはあまり聞かないようです。
それは女性自身が性に関することをオープンにしていないことが背景にあるでしょう。
女性同士での会話ではタブー視されている部分でもあり、一人で悩んでいるという人も多いのです。
今回は、女性の性の悩みについてお話ししていきましょう。

女性の性の悩みで一番多いのが、達することができないということです。
男性のように射精をすることで終わりという面がない女性は自分がいくら性的興奮を覚えていても達するのに至ることは簡単ではありません。
自分が不感症なのではないかと悩むこともあるようです。
しかし、オーガズムを感じることができない女性はとても多く、自慰行為では達することができても男性との性行為では達することができないという人は数多くいます。

雰囲気や緊張などが大きく関係していると言われているのです。
女性は男性と異なり脳が重要となってきます。
性器を刺激さえすれば良いのではなく、脳が感じないとオーガズムを感じることはできません。
脳で拒否し続けていると感じるどころか気持ち良いとすら思えなくなってくるぐらいデリケートなのです。

女性の中では「自分は不感症である」と思い込んでいる人もいますが、不感症とは、性行為を行っている際に普通なら感じることができる行為すら感じなくなってしまっている状態のことを指します。
または刺激に慣れ過ぎてしまうことも理由の一つでしょう。
不感症であると思い込むことによってより感じにくくなってしまうことがありますので注意が必要です。

また、男性に不感症ではないかと言われてしまったことが引き金となって、本当に不感症になってしまうこともあります。
女性はとてもデリケートな生き物ですので、些細な事ですら達することができない理由になってしまいますので、注意しましょう。
性行為を行う際には、リラックスした環境で行うことが大切です。

女性は自分からどこが感じるか言い出しづらい?

女性の性の悩みに、男性にどこが感じるのか言いにくいというものがあります。
本当は「そこじゃない」と思っていても言葉にすることができず、男性に任せてしまうという人もいるでしょう。
女性の中には、演技をしてしまう人もいる為、男性自身が自分のテクニック不足に気付かないことも珍しくないのです。
本来ならば、性行為というのはお互いの気持ちの良い部分を知り、愛情を深めたり、楽しむ為にあるのですが、演技をしてしまうことによって、男性よがりの性行為になってしまうことがあります。

女性にとって言いにくい部分ではあるのですが、二人で楽しむものなのに、男性本位なスタイルでしかできないのは勿体ないと思いませんか。
演技を見抜ける男性はよほどの女性経験がなければ難しいと言えるでしょう。
演技をすることは自分の首を絞める行為と同じですので、今からでもやめることが必要です。

また、恥ずかしいという気持ちがあるので言いにくいという気持ちもわかりますが、男性は気持ちの良い場所を教えてもらいたいと願っています。
見当違いなところを触るのではなく、相手が喜んでもらえる場所を触りたいのです。
演技をしているとそこが正解なのかと思い込んでしまいます。
見当違いな場所で相手が喜んでくれていると勘違いさせることは男性にとってもよくありません。

恥ずかしながらでも男性にどこが気持ち良いのかを伝えることは、自分だけではなく男性のためでもあるのです。
相手を気遣ってしまい言い出せないのも女性特有ではありますが、相手を思うからこそ伝えるべきこともあるでしょう。
性行為は一人でするものではありません。
二人で愛し合うものですので、ぜひ言葉にして伝えてあげてください。

勃起のメカニズムを知ることでED改善の糸口を見つけましょう!勃起は血流作用によるものです。食事を適切にし、運動を適度に行うことで血流を改善することができます。血流の改善こそがED改善の近道なのです!地道な努力で勃起力を取り戻しましょう。