EDで悩む男性を女性はどう考えてる?

男性にとってEDは深刻な問題です。
ひとつには男性としての「機能」が失われることへの恐怖や失望感、またパートナーの女性を喜ばせてあげられないことへの自責の念もあります。
一方女性は、パートナーの男性のEDおよびそうした問題を抱える男性に対して、どのような見方をするのでしょうか。
そこには三つの見方があると考えられます。
まずそういう問題を抱えていても愛おしいという見方、また自分自身が満足できない苛立たしさ、さらに二人の問題であるとして解決方法を一緒に考えるというものです。

恋愛も性的な経験も少なく、女性の方から一方的に好意を寄せる場合は、それでも相手のことを好きだから問題ないと考えるかもしれません。
この場合は好きな相手と恋愛関係を続けことが女性にとって第一目的になるので、たとえEDであったとしてもそのことが問題にはならないという見方です。
恋愛にも性的にも経験が豊富な女性であれば、性行為から得られる満足感も当然大切なことですので、関係を継続して行く以上は男性のEDを致命的な問題であると考えるでしょう。
問題が長引けば関係を清算するという選択肢を視野に入れているはずです。

その一方で、EDを男性の問題だけではなく、二人の共通の問題であるという見方をして、どうしたらそれを改善することが出来るかと一緒に考えようとする女性もいることでしょう。
その場合は女性が単に寛容であるというだけではなく、話し合いの機会を持って問題解決をするにはどうしたらいいかということを一緒に考えるはずです。

このようにEDで悩む男性に対しては、その立場によって女性の見方は様々です。
いずれの考え方が正解という問題ではなく、状況に応じてそのような立場があり得るという問題です。
ただし寛容の精神で問題解決に向かうための話し合いをしようとする見方が尊いのもまた当然ですし、もし可能であればそれが一番良いということができます。
そこから新しい道を一緒に探って行こうという訳です。

相手がEDだと自分に原因があると考える女性もいる

男性のEDを自分の問題でもあるとして一緒に考えようとする女性が、寛容の精神を持って話し合いによって道を探ろうと考えたとします。
そこで一番大切なのは、どうしてそのような問題が起こってしまったのかという理由を考えることです。
ただし、話し合いに入る前に、男性が自分自身に失望するあまり自身が持てなくなってどうでもいいと捨て鉢な考え方をしているようではいけません。
このような態度だと、せっかくパートナーの女性が歩み寄っても話し合いになりません。
感受性が繊細な女性であれば、もしかして自分自身に魅力が欠けているからそうなっているのではないか、という考えに陥ることもあるでしょう。
性的な経験が少ない女性であればなおさらです。

話し合いに際しては、まず男性がEDになってしまったという理由を、源流まで遡って調べて行くことが大切です。
思い込みや誤った判断は問題解決には至らないと言えます。
それを避けるには、お互いに寛容の心で話し合いをスタートさせるのが良いでしょう。
そして正直に、考えていることをお互いに切り出しやすいムードを作るのが大切です。

こうした問題を引き起こす背景として、今日多くなっているのはやはり経済不安に関わるストレスです。
経済不安は職場のムードを緊張させ、成果をあげるために自己犠牲を強い、あるいは人間関係もぎくしゃくしたものになります。
極端な長時間労働や人間関係の悪化は、ストレスを生み、それを真面目に受け止めるほどその人の精神を蝕んで行きます。
こうした背景でEDになってしまったのなら、男性と女性の二人の時間というものは、真にリラックスしたものでなくてはなりません。

こうした状況にあってプライベートな時間が、どちらかに無理な譲歩を求めるようではその後の関係も長続きしません。
寛容な精神は当然お互いに必要ですが、どちらかが過度の負担を引き受ける、という状態は好ましくありません。
ましてや女性が自分自身に魅力が欠けるからだという自責の念は何も生み出しません。
問題の背景を探り、解決に向けての適切な情報やアドバイスを求めつつ、時間をかけて話し合いを継続するしか方法はないのです。

勃起のメカニズムを知ることでED改善の糸口を見つけましょう!勃起は血流作用によるものです。食事を適切にし、運動を適度に行うことで血流を改善することができます。血流の改善こそがED改善の近道なのです!地道な努力で勃起力を取り戻しましょう。