ED治療薬ならバイアグラがおすすめ

ED(勃起障害)の改善のために使われる薬で最も有名で人気なのがバイアグラというED治療薬です。
元々は狭心症を改善させるために着手された薬が、臨床試験の過程でぺニスの勃起を促すということで改良されてバイアグラが誕生しました。
飲み薬なのでいつでもどこでも使えるという便利さと、確実な効果があるということで全国で有名になっています。

男性は、性的刺激を受けると脳から神経を介してCO(一酸化窒素)が放出されます。
するとペニスの中でcGMP(サイクリックグアノシン一リン酸)という血管を拡張させる物質が増えて、血管が広がって海綿体に血液が流れ込み、ペニスが勃起するという仕組みです。
血管拡張剤であるcGMPが放出されたままだとずっと勃起状態になってしまって困ります。
射精などの性的興奮が終わるとcGMPを壊すPDE5(ホスホジエステラーゼの5型)という酵素が放出されて、広がった海綿体の血管が収縮して勃起がおさまります。

cGMPで血管を広げてペニスは勃起しますし、PDE5はペニスを萎えさせます。
健康であればこの仕組みがスムーズにいくのですが、EDの男性の場合はcGMPの放出量が少ないことが多いです。
しかもPDE5は同じように出続けるため、相対的にPDE5が効きすぎてペニスに血液が流れ込まなくなります。

このPDE5の働きを阻害して、cGMPの量を増やし、海綿体の血管を広げることができるのがバイアグラです。
バイアグラを飲むと危険などと言われることがありますが、それは服用方法を守らなかった場合です。
一番やってはいけないのが狭心症や心筋梗塞などの治療薬として使われているニトログリセリン系の薬と併用することで、これをやってしまうと血圧が下がりすぎてショック状態に陥り、命を落とすことすらあります。
しかし、想定された環境下でバイアグラを使った場合は、しっかり勃起が起こり、満足のいく性行為ができます。
バイアグラはED治療薬の中でも効果がしっかり出るということで人気があり、有名です。

ピルカッターで半分にカットした方がいい理由とは

バイアグラは海外でも人気があるED治療薬で、もともと外国で作られたため、外国人の体型に合わせた有効成分になっています。
日本人などのアジア圏の人々は欧米人に比べると小柄なため、欧米人向けに開発されたバイアグラをそのまま使ってしまうと、効き目が出すぎてしまう可能性があります。

欧米人ならそのまま使っても問題ありませんが、日本人が使う場合はピルカッターで半分にカットしたほうがいいです。
ピルカッターで半分にしたとしても、錠剤なのでカプセルのように薬の溶け方には影響が出ません。
カプセルの場合は分割して使うことは効果を変えてしまう可能性があるので出来ませんが、錠剤タイプなら問題なく分割して使用できます。

ピルカッターは薬局やネット通販でも購入することができ、綺麗に分割することが可能です。
半分に割るメリットは効果が半減されてちょうど良くなるということと、さらに半分にすることで1錠を2回分にすることができるということです。
もし半錠を飲んでみて、それでもまだ効果が強い場合は、さらに分割して飲む方法もあります。
ピルカッターを使って3分割か4分割にして飲めば、さらにコストパフォーマンスが高くなります。
ただし、薬には効くために必要な量が決まっているので、それ以下の量では薬の血中濃度が低すぎて効き目が出ません。
何度か使ってみてどれくらいの量を飲めば効果が得られるのかを確認しておくといいです。

ED治療薬の中でも有名で人気のバイアグラは、医療機関でも最初に処方されることが多いです。
医療者の間でもEDになったらバイアグラと言われるほど有名で人気があります。
ピルカッターを用意して、最初は少なめに使ってみるといいです。

勃起のメカニズムを知ることでED改善の糸口を見つけましょう!勃起は血流作用によるものです。食事を適切にし、運動を適度に行うことで血流を改善することができます。血流の改善こそがED改善の近道なのです!地道な努力で勃起力を取り戻しましょう。